サイトマップ

限度額がいっぱいになると

カードローン利用者の中には、返済が間に合わずに苦労をする人もいます。カードローンは借入額に対しての返済額の割合は、それ程多くはありません。それでも追い込まれるになるのには、1つのきっかけがあります。それが限度額いっぱいの借入れです。

 

限度額いっぱいまで借りてしまうと、そのカードで新たな借入れができなくなります。また、その時点で毎月の返済の負担は意外と大きくなります。この状態ではコツコツと返済をするしかないと思うかもしれませんが、実際にそこまで借りてしまうと、新たな選択肢が2つ出てきます。

 

1つは増額で、限度額を増やしてしまいます。返済の滞りがなければ、増額に応じてもらえる可能性がありますが、これは新たな借入れが増えるきっかけにもなります。
もう1つが他社での借入れです。他社で借入れをすれば新たにお金を借りられますが、増額と一緒で返済の負担はさらに大きくなってしまいます。しかも返済先が2か所に増えるので、管理が大変になります。

 

しかし、限度額まで借りてしまう人には、新たな借入れを安易に探す傾向があります。カードローンを安全に利用するためには、限度額いっぱいまで借入残高を増やさないよう気を付けるのが大切です。

 

返済がしっかりと行えるなら新たな借入れ先で借りるよりも限度額を増額してもらった方が良いので、増額をして大きな金額を借りたいと考えるのであればカードローン限度額の増額方法を確認しておきましょう。