サイトマップ

初心者でもわかるカードローン

カードローンでお金を借りられますが、その内容や借入れの流れ、利息や返済について、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。簡単に借りられそうというイメージはあっても、利用するのであれば返済まで踏まえて流れを知らないと、思わぬ失敗をする恐れもあります。

 

カードローンで良く使われるフレーズに、ご利用は計画的に、というのがあります。何故計画的に利用しなければならないのかも含めて、カードローンのサービスについてまとめました。

 

カードローンの利用の流れ

カードローンの契約時には、金利や限度額が決まります。契約時点で全額借入れをする必要はありません。この時点ではいつでも借入れをできる権利を得たという状態です。

 

契約後はカードを使って、限度額の範囲内で自由に借入れができるようになります。カードはATMで使いますが、カードローン会社は様々なATMと提携しています。全国の様々なATMで借入れができます。

 

借入が自由というのは、全額借りるのも一部借りるのも、全く借りないのも自由です。例えば限度額50万円で契約している場合、50万円いきなり借りてもいいですし、必要な分だけと、例えば3万円だけ借りてもいいです。いざという時の備えとして契約したのであれば、しばらく借入れをせずにいても大丈夫です。カードローンでは借入れをしなければ利息は発生しません。カードを所持しているだけなら、余計な費用は発生しません。

 

借入を行うと、借入れた金額に対して利息が発生すると同時に、返済額も決まります。借入額と返済額の規定はカードローン会社によって変わります。

 

一例を挙げると、5万円を借入れすると、次からは毎月最低2,000円の返済が発生するようなイメージです。カードローンでは借りたお金をすぐに全額返済する必要はなく、少しずつ返済していくイメージです。

 

返済額が少なければ完済までの期間が長くなるので、一気に完済したり、多めに返済したりするのは、比較的自由に行えます。繰り上げ返済手数料についても、カードローンでは基本的に発生しません。

 

毎月返済を行っている途中でも、限度額の範囲内であれば再度借入れが可能です。例えば限度額50万円で10万円借りた場合、その時点でも40万円までならいつでも借入れが可能です。毎月返済を続けていけば借入残高は減っていきます。5万円分まで返済をすれば、再度借入れができる金額は45万円まで戻ります。

 

カードローンでは繰返し借入れや返済が可能なのは、こういった流れとなります。

 

銀行でも消費者金融でも同様であり、契約までの早さや手続きに違いこそあれ、カードを使った借入れや返済に関しては同じ流れとなっています。そのため、早くに借りたい場合には返済を考えていればの話とはなるものの、モビットなどの早い融資に定評のある融資先を利用するのも手です。

 

モビットならモビット札幌市の契約機での早い手続きも可能で、最短即日融資も土日でも利用ができるので急な出費時には便利です。ただ、金利は銀行よりも高くなるので、返済はよく考えておかなければなりません。

 

 

計画的に利用が必要というのは

カードローンでお金を借りても、毎月の返済額はそれ程多くはありません。例えばアイフルで毎月1回の返済で借入れをする場合、借入残高10万円以下なら毎月4,000円の返済、20万円以下なら毎月8,000円の返済、30万円以下なら毎月11,000円の返済と、段々返済額が増えていきます。30万円借りても、毎月の返済額が11,000円であれば、借入額の割には高額な返済とは言えないと思います。

 

返済額が決定するのは、最新の借入れを行った直後です。ちょっとした要件で借入れを繰り返していると、返済額が上がる場合があります。頻繁な借入れには注意が必要です。

 

カードローンは自由に借入れができるのが魅力ですが、ATMから直接お金を卸すので、自分の口座からお金を卸すような感覚になる人もいます。そして、借入についても、いくら借入れをしているのかよりも、毎月いくら返済すれば凌げるのかを考える人もいます。こうなってしまうと、毎月の返済額をやりくりする点だけに目が行ってしまい、中々完済できないという状況になります。

 

しかし、いずれは完済すると言っても、決められた返済額だけでは数年間、新たな借入れをせずに返済を続けなければいけません。そうならないためには、計画的に利用する必要があるのは確かです。

 

返済を効率的に進めるために

カードローンで借りた後の返済を無理なく効率的に進めるためには、金利による負担を抑えることも重要です。早い借り入れに人気となる消費者金融では手軽さがある反面、金利がどうしても高くなってしまうので返済の負担が大きくなります。

 

金利は契約途中で変更がされる場合がありますが、そのためには長い期間に渡る利用実績が必要となるのでどうしても現実的ではありません。金利を早めに下げて返済を楽にするのであれば借り換えによる金利の実質的な低下が効果的となるため、高い金利で借りてしまっている方は借り換えを考えてみるべきです。

 

借り換え先としては消費者金融で借りているなら銀行が良いとされており、借り換えに適するカードローンとしてはオリックス銀行カードローンへの借り換えが人気となります。来店不要で契約まで進められるので、初心者の方でも借り換えが利用しやすいのです。